カテゴリー
スキンケア

皮膚科の存在の大きさと学び

夏になると肌の露出が増え、自分自身でも肌の変化や異常を目の当たりにしやすくなります。シミーホワイトリンクルエッセンス

ここ最近で私が気づいたことは、なんと両腕似たようなところに比較的大きめな虫刺されがあることです。

気づいた時は蚊やダニとは違う、しっかりとした大きさと腫れがあり気づいてからは痒みも感じるようになりました。

ムヒも塗ってみましたがなかなか治らず、、人生で初めて皮膚科に行くことにしました。

診てもらうと症状的にブユという虫に刺されているのではないかとのことで、塗り薬を貰いました。(ブヨ、ブトとも呼ぶ地域もあり、ハエの仲間だそうです)レジャー施設等に行ったか?と聞かれましたが全然思い当たる節はありませんでした。

塗り続けると数日後に内出血っぽい赤みが出て、より目立つようになりました。心配にもなりましたが、しばらく根気よく塗っているとだんだん薄くなってきました。

皮膚科の先生にはご丁寧に両方(笑)と笑われましたが、やはり病院に行ってよかったと思いました。

そしてその虫刺されをきっかけに気づいたことがもう一つありました。肩?上肢にかけてよく見るとそばかすのような斑点がありました。荒れているのかな?と思い、ついでに聞いてみました。

すると、先生から「これは遺伝性のものですね。ご両親どちらかに同じようなものがあるはずですよ」とのこと。

こういったものは生まれつきあることが多く、完全に消すことは出来ないそうです。薄くするくらいなら出来るとのことで様々な成分を混ぜて作る塗り薬も貰い、診察は終了しました。

こちらも合わせて塗っていますが、まだまだ気持ち薄くなったかな?と思う程度です。

今回皮膚科に行ってみて様々なことが分かったわけですが、腕以外にも周期やマスクなどで顔にニキビができたり、冬は内太股に鳥肌が立ったあとが残って凹凸が出来やすかったりとまだまだ悩みが尽きないので今度からは真っ先に相談しにいこうと思いました。何より原因が分かるとそれだけでも安心しますよね。

いつどんな時でも、綺麗な状態の良い肌でいたいです。