カテゴリー
育毛

理想の自分を手に入れて減った髪の毛

私は昨今世の中で当たり前の存在となってきたLGBTのTの者です。

元々は女性として生まれましたが

現在はホルモン注射を投与しており見た目は身長を除いて男になりました。市販の販売店でニューモ育毛剤の売り場を調査!豊ケ岡駅の実店舗で購入

色々と変化はありましたがその中でも特に大きな変化が起きたのは髪の毛です。

女性時代は1本ずつの毛は細くとも1つの毛穴から2-3本生え毛量があり艶とハリがあった髪の毛。

男性的になるにつれて見事に薄くなっていきました。

産毛が沢山生えていたおでこ周りはあっという間になくなっていきました。

薄毛が進行し始めてから

美容師さんに髪の毛の生える場所によって作用するホルモンが違うと聞きました。

私は見事に女性ホルモンが作用する部分の髪の毛に嫌な方で素晴らしいほどの変化が起きました。

これまで見えていなかったはずの前頭部の頭皮が鏡越しで見えるレベルになってしまい、

つむじ周りは完全に薄くなり、艶とハリはほとんどなくペタンとした残念な髪の毛になってしまいました。

毎日自分の髪の毛を見ているとその変化に気づくのは遅く、

気づいた時にはかなり進行していました。

現在は髪の毛の増加に効果のあるタブレットを毎日飲み半年が過ぎました。

つむじ周りはまだ薄いものの前頭部で透けていた部分は完全に隠れています。

髪の毛以外は思い通りの自分を手に入れたものの

昔のフサフサだった自分の髪の毛にはもう二度と戻ることがないと思うと少し寂しい気持ちになるのも事実です。

ホルモンによって作用する髪の毛の変化を自分の体で感じることができたのはある意味珍しい経験だと思っております。

(※ホルモン注射の作用で起こる髪の毛の変化には個人差があるので一概には言えません)

女性が生まれながらに持っている髪の毛の素晴らしさを知っているが故、

髪の毛ほしい・・・でももうそれは叶わないと思うと諦めの気持ちと何とも言えない気持ちで複雑なのでした。

カテゴリー
ダイエット

食生活見直しダイエット

社会人の皆さん、ダイエットは「一大決心」と「継続力」が必要に思えませんか?ベースブレッドのアレンジレシピ15選|食パン・サンドイッチ・チーズの食べ方

私もそう思い、なかなか始められないうちにズルズル…という感じでした。

しかし、人事異動でデスクワーク主体の仕事になってからというもの、

座ったときに感じるお腹のたるみにいよいよ危機感を覚え、「どげんかせんといかん…」と真面目に考えるようになったのです。

ただ、前述したように私は「一大決心」や「継続すること」が苦手でした。

なので、まずは無理なくできる範囲で「微々たる成果を目指そう」と思い、

取り組んだことが「食生活の見直し」だったのです。

私の場合、節約も兼ねてまず自販機で缶コーヒーをやめ、

自宅で淹れていくようにしました。これで糖分カット。

さらにコンビニ弁当をやめ、もち麦や押し麦などを混ぜたおにぎりに変更。

これで糖質もカットすることができました。

また、社会人最大の難敵は飲み会ですよね。ここでもつい「生ビール」と

言いたくなるところですが、「ハイボール」にするようにしました。

(付き合いもあり、ノンアルコールというわけにいかないこともありますよね)

こうした微々たる努力の結果、半年後の健康診断で体脂肪率ー4%!!

飲みたいものも食べたいものも我慢せずなので、今でも続いています。

ポイントは「食生活を、ちょっとずつ変えること」。

ぜひ皆さんも「一大決心」はせず、ちょっとずつ変えてみませんか。